主婦が通う通信制高校の学費

主婦の皆さんの中には、高校卒業資格を持っていないため、取りたいという方いますよね。

しかし、主婦の方は家庭があるため、お金や時間に制限があります。

そんな方たちのために、通信制高校を金銭的な面で選ぶ際の手助けとおすすめとなる通信制高校の紹介をしていきたいと思います。

ぜひぜひ参考にしてみてくださいね。

主婦たちが選ぶ通信制高校

お子様が小学校に上がるタイミングで学業資格取得の意欲が出てきた方や会社に入るために高校卒業資格が必要という方、様々な理由の方がいます。

しかし、主婦の方は家庭もあるため、学費のことをきにしちゃいますよね。

通信制高校にも私立と公立が存在します。

今回は、公立と私立の学費の違いを比較、オススメな通信制高校を紹介していきたいと思います。

通信制高校、公立と私立での学費の違い

一般的に、公立校は入学金が500円、その他費用が年間3万程度であると言われています。

そして、1単位は0円~1200円となっています。

一方、私立校は、入学金が2万円~5万円、その他費用が年間3万円程度と言われています。

授業料は、0円~12,000円となっています。

卒業までには、大体74単位以上必要となります。

卒業までに、公立校では10万円程度、私立校では40万円以上かかってしまうようです。

学費だけ見れば、公立校のほうが魅力的ですよね。

しかし、私立は公立に比べてレポート提出がWEBサイトやメールで可能、テストやスクリーングの日程に融通がきくなど時間に柔軟となっているので生活リズムを守りやすいです。

また、学習サポートも非常にしっかりしています。

主婦にオススメな通信制高校

登校日数や学費、学習サポートを考慮して主婦の方たちにいくつかのオススメ通信制高校を紹介していきます。

まず、ルネサンス高等学校のWEBコースです。こちらは、1年間に必要費用は、290,000円となります

登校は年に1回2泊3日の集中スクーリングだけで、ネット学習でも一人ひとりに担任が付きます。

電話やビデオチャットで質問ができるのも強みです。

次に、ヒューマンアカデミー高等学校です。

こちらの学校は、1年間に必要費用は296,000円となります。

スクーリングは年に1回の2泊3日だけで、専門コースも豊富にあるため、就職に強い通信制高校と言えるでしょう。

また、飛鳥未来高等学校もオススメとなる学校です。

この学校の1番となる強みは、1年間に必要な費用が270,000円と安いところにあります。

さらに、担任教師がカウンセリング企画を保有しているため、かなり心強いですよ。

主婦の為の卒業コースが存在する鹿島学園・鹿島朝日高等学校WEBスクール

鹿島学園・鹿島朝日高等学校WEBスクールには、高校卒業資格が取りたい主婦の方向けに設置された主婦コースというものが存在します。

学費は、学生が対象となる高校卒業コースと同額となります。

コースについて

このコースは、高校卒業資格取得のみを希望とする主婦の方を対象としています。

しっかりと配慮された安心できるコースとなります。

WEBスクールは生徒たちのために幅広い時間帯で対応できるような体制を整えています。

家事や子育て、パートなどに影響しないようサポート時間や曜日を固定させないようにすることができます。

家族の休日に合わせて終日OFFとなる日を作ることができます。

主に昼間を中心にした学習カリキュラムであるため主婦たちの生活リズムを崩さず、勉強ができます。

さらに、夜型の方たちにはそのようなカリキュラムとなるため、心配する必要がありませんよね。

このコースには、自分の都合に合わせて最短期間で卒業まで導いてくれる個別担任を設けています。

心強いサポートですよね。

インターネット環境が整っているパソコンがあれば、個人学習、授業の視聴、テストなどすべてどんな場所でもできます。

通学は近隣の大学や専門学校で行われる年に数日だけのスクーリングのみとなります。

学費について

主婦コースの年間学費費用の内訳は、初年度のみ入学検定料と入学金でそれぞれ10,000円と50,000円となります。

そして、施設費の2,000円とコース別授業料の25,000円が在籍月に月々かかります。

さらに、通信費が2,000円、新居本スポーツ振興センター掛金の252円。

単位申請料は授業ごとに違いますが、1単位0円~7000円となります。

それにともなって、教科書代が別にかかります。

学校のホームページでは個別に学費見積りが行われています。

自分に合った学校で高校卒業資格を取っちゃおう!

日本には様々な特色を持つ通信制高校があります。

学費が高いからよいサポートが受けられるわけではありません。

また、安いからといってほったらかしにされるわけでもありません。

主婦の方たち自身の家庭の状況に合わせて、自分に合った通信制高校を選ぶようにしましょう。

そうすれば、きっと高校卒業資格が取れちゃいますよ。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ