通信制高校の学費をシュミレーションしてみました!

通信制高校への進学を考えてみると、学費はどうなのかと疑問に思うのではないでしょうか。

通信制高校の学費は、公立と私立とで実は大きく差があります。

ここでは公立の通信制高校に入学した場合と、私立の通信制高校に入学した場合のそれぞれの学費をシミュレーションし、高校の選び方について解説していきたいと思います。

公立の学費のシュミレーション

東京都の場合、通信制高校の入学金は500円、受講料(授業料)は1単位あたり336円です。

通信制高校を卒業するためには74単位必要ですから、卒業までに約2万5千円必要ということになります。

ただし、受講料以外にも教材費など年間約3万円ほどの費用が必要になります。

公立の全日制高校と比較すると、全日制の入学金は5650円、授業料は年間118,800円ですから、公立の通信制高校がかなり安いことがわかります。

ただ、受講料は地域によって少し違いがあるため、厳密には金額が前後する場合があります。

しかし、いずれにせよ学費面では公立の通信制高校は魅力的です。

さらに、後でもう一度説明しますが、「就学支援金」という制度を使えば、受講料を実質無料にすることもできます。

しかし、公立の通信制高校は学費が安い分、私立の学校と違い生徒の学習面でのサポートなどが整っていません。

ですから、ほとんど自分一人だけで勉強をするといったことが必要になってきてしまいます。

自分だけの力で単位を取ることに不安がある場合は、次の項目でシミュレーションするような私立の通信制高校も検討する必要があるでしょう。

私立の学費のシュミレーション

私立の通信制高校の学費は、学校やコースなどによって大きく違います。

たとえば、入学金は0円という場合もありますが、5~10万円ほどかかる高校も多いです。

また、授業料は多くの高校で概ね単位数×8,000~10,000円程度となっています。たとえば、翔洋学園高等学校や八洲学園高等学校は8,000円×単位数ですが、

ルネサンス高校などは10,000円×単位数になります。N高等学校で5,000円×単位数など、もっと安い学校もありますし、ここで挙げているよりも高い学校もあります。

大体、平均的には約30万円程度になりますが、学費の高い学校なら約80万円ほどになります。

また、私立高校では修学旅行先が海外であることも多いです。ですから、その場合はそのための費用も多く準備しておく必要があるでしょう。

このように、私立の通信制高校では公立に比べてかかる費用がかなり割高になってしまいます。

しかし、前項でも述べた通り、私立学校は公立の通信制高校と違い生徒へのサポートが充実しています。

また、学習面に限らず精神面でのサポート体制の整った学校も多いです。

そのため、スクールカウンセラーが決まった曜日に来るなど、色々な相談に乗ってもらいやすいといった利点もあります。

このようなことを考えると、やはりある程度の費用がかかっても、私立学校への進学を検討する価値はあると言えるでしょう。

ただ、自分のペースで学習を進めたいという人は、あえて教師によるサポートのないコースを選び、比較的安い学費で済ませるということもできます。

自宅でのテキストやインターネットによる学習コースを選んだ場合、年間にかかる学費は約20万円程度に抑えられる場合もあります。

通信制高校の学費は就学支援金制度が利用可能

高等学校等就学支援金制度は、公立でも私立でも、国に申請することによって支援金を受け取ることができる制度です。

受け取れる金額は年収に応じて変わりますが、基準額では公立の授業料の全額・私立の授業料のうち年間約12万円が支給されます。

しかし、この制度を利用できない場合もあるため、注意が必要です。

制度を利用できないのは、

①保護者の年収が910万円以上になる場合

②在学期間が4年を超える場合(休学期間は除く)

③すでに高等学校を卒業している場合

これらのケースでは、残念ながら就学支援金制度の対象外になってしまいます。

まとめ

通信制高校を選ぶ際、学費はたしかに重要な問題のひとつです。

しかしながら、学校によって学費に大幅な違いがある分、受けられるサポートなども大きく異なってくるということがこの記事を読んでお分かりいただけたのではないでしょうか。

なぜ通信制の学校を選ぶのかという事情を踏まえ、それに合ったサポートが受けられる学校を選ぶことが、何よりも大切な問題になってくると思います。

ですから、学費だけで学校を選ばずに、自分に本当に合ったところを探す必要があります。

自分一人で学習の計画を立て、勉強し、単位を取る自信があれば学費の安い学校やコースを選ぶのも良いでしょうし、

そのような自信のない方や、精神面でのサポートが必要になってくると思われる方は、学費が高くても充実したサポートを受けることのできる学校を視野に入れて高校を選択するのが良いでしょう。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ