通信制高校の学費に関するよくある相談と回答

通信制高校への進学を考えているけれど、学費を払えるかどうか不安。

学費の高い学校に入ってしまい、支払いが難しい、など、通信制高校の費用面での悩みはよくあります。

しかし、そのような悩みを持っていても、誰に相談すればいいかわからないという場合も多いですよね。

この記事では、通信制高校の学費についての相談でよくあるものをまとめ、解決方法を説明していきます。参考にしてください。

通信制高校の学費に関する相談①:就学支援金制度を利用したい

通信制高校の費用に関するご相談で最もよくあるのは、就学支援金制度についてです。

就学支援金を利用したいけれど、通信制高校でも適用されるのかどうかわからないといった方が多いです。

結論から言いますと、就学支援金制度は、通信制でも利用することができます。就学支援金は、高校生の教育を支援するため支援金が支給される制度です。

条件に当てはまれば申請しよう

公立の通信制高校の場合、家庭の収入状況にもよりますが、学費が全額免除になります。

私立の通信制高校では、年間約12万円の授業料が免除になります。

就学支援金制度は、全日制・定時制・通信制のいずれの高校でも適用することが可能です。

ただし、年間の収入が910万円以上である家庭など、支給対象にならない場合もありますので、要件に関しては注意が必要です。

返済の必要のない支援金制度ですので、対象となる家庭は申請しておくべきでしょう。学費に不安のある生徒の多くがこの制度を利用しています。

通信制高校の学費に関する相談②:学費をとにかく安くしたい

経済状況が苦しく、あまりお金をかけられないというご相談もあります。通信制高校の費用は、同じ学校でも人によって変わります。

なぜなら、通信制高校では受講料(授業料)が単位ごとにかかるため、取得単位数に応じて金額が変わるからです。

そこにスクーリングの費用や、転入・編入の単位認定料が加わる場合もあります。

学費をとにかく安く済ませたいのであれば、登校日数を少なくし、先生からのサポートを最低限にして、自宅学習をメインに卒業要件単位を取っていくことをおすすめします。

ただし、その分スケジュールなどの自己管理をしっかりしなくてはなりません。

不安な場合はサポート体制がしっかりしてるところを選ぼう

自力で勉強を進めていくことに不安がある人は、お金がかかっても先生からのサポートを受けることも検討してみると良いでしょう。

万が一うまく自分で学習計画を立てて勉強を進めることができず、三年以内で卒業できなかった場合、結果的に費用が余分にかかってしまいます。

取得単位数に関わらず毎年支払いのある施設費や単位の取得に必要な費用などがかかってしまうため、卒業が遅くなればなるほど費用の総額は多くなっていくのです。

学習面・精神面でのサポートがなくても自分の力だけで勉強ができるという人には、自学自習を中心とした学習をおすすめします。

通信制高校の学費に関する相談③:学費が高い学校に入ってしまった

通信制高校に入学した後に経済状況が変わったり、入学してみると見込んでいたよりもお金がかかってしまったという相談もあります。

教科書代など授業料以外の費用については、学費として提示されていないことが多いため、入学前に思っていたよりも費用の負担が大きく感じられるということが起こるのです。

また、修学旅行などの行事に参加する場合、その費用も多くかかります。

金銭的に不安がある場合は、こういった学費外の費用についても細かく確認しておく必要があるでしょう。

他に利用できる制度がないか探してみる

今通っている学校の費用のことで悩んでいる人は、まずは現在利用している制度以外にも、申請できる制度がないか改めて確認してみましょう。

①でご説明した就学支援金制度のほか、それと併用することのできる奨学金制度や教育ローンがあります。

それでも支払いが難しい場合、コストの低い他の通信制高校への転入を検討しても良いでしょう。ただし、年度末での転入をおすすめします。

もし年度の途中で転入してしまうと、前の学校で支払っている一年間分の学費は返還されず、新しい学校でも一年分の学費を払わなければならなくなります。

つまり、年間の費用が2校分必要になってしまうのです。そのため、現在履修している授業の単位をとってから、年度が変わるタイミングで転入するべきでしょう。

まとめ

通信制高校の学費に関するご相談をまとめましたが、参考になりましたか?

入学してから悩むことのないよう、各種支援制度などを適切に利用し、経済的に無理のない学校選びをしましょう。また、3年で卒業して余計な費用がかからないようにするため、学習計画をしっかりと立て、単位を取りましょう。

自分の力と経済状況に合った学校やコース・通い方を選択し、予定を守っていくことが大切です。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ