通信制高校の学費って高いの?安いの?

インターネットを使い自宅で簡単にレポート提出や講義が受けられることから話題になりつつある通信制高校。

ここではそんな今話題沸騰中の通信制高校の学費についてご紹介していきます

通信制高校は単に楽に卒業出来る所が魅力なのではありません。

社会的にもオンリーワンの人材が求められている今、自分の能力を伸び伸びと伸ばすプランが設けられています。

高校選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてください!

(学費の支払いが不安な方は、この記事もお薦め!→通信制高校の就学支援金で学費を安くしよう)

高い?安い?通信制高校の平均学費とは

通信制高校の学費は安いところで約10万円ほどです。

しかし高いところでは100万円以上になってしまう高校もあります。

つまり高校によって大きく値段が変わるのです。

なぜそんなにも差が出るのかというと、通信制高校にはいくつかコースが用意されているからなのです。

個人できちんと学習できる人にオススメの通信コースのみなら、自宅学習がメインでレポート提出もWEBから行うことが多く学校にあまり通うことがありません。

そのため費用を比較的安く抑えることができ、平均学費は年間20~30万円程度と言われています。

さらにここから就学支援金を利用される場合、約12万円が減額になるので、実質15万円程度となることもあります。(安いところなら7万円前後で収まるケースもあります)

サポート校にも入学する場合

通信制高校+サポート校の場合ですと、平均は年間でおよそ60~80万円ほど(通信コース20~30万+サポート校20~40万)となり、さらにここに専門分野のコースを入れるとなると合計で100万円近くになります。

これは正直高い金額です。

しかしサポート校のメリットとして、とにかく学生に対して細かいサポートをしてくれます。

通信制高校では中退率が高く、なかなか卒業までたどり着かない学生がいることを考慮すると、20万円払いサポートをしてもらうのは、金額的には決して高いわけではないのかもしれませんね。

専門分野の学費は高め

通信制高校ではアニメや美容、アートといった専門分野を学べる学校もあります。

この場合、通信コースの授業料とは別に特別科目として15~30万円ほど学費に上乗せされるので注意が必要です。

専門分野の学習がしたい場合は、普通の高校よりも費用が高くなる可能性も十分あります。

専門分野の勉強のために多めにお金がかかるので、学費の無駄にならないようしっかり勉強するという意識がとても重要です!

学校によっては細かい料金プランを出しているところがあるので、資料請求をしてよく読んでから決めることがオススメです。

学費が高くない通信制高校オススメ4校をご紹介!

最後に、学費が比較的安いことで人気な通信制高校をいくつかご紹介していきたいと思います。

まずご紹介するのは鹿島学園高等学校

年間の学費が20万円以下と私立なのにも関わらず驚愕の値段。

さらに、ここは全国どこからでも入学が可能となっています!

ここまで好条件なので毎年志願者が多く、受け入れ可能人数がギリギリになることが多いです。

→鹿島学園高等学校はどんな通信制高校?学費も詳しく紹介!

多彩なコースで有名なヒューマンキャンパス高等学校

こちらも全国から入学可能であり、年間の学費の目安は30万円ほどで、選べるコースが多彩なのがポイント。やりたいことがハッキリしている学生には大変オススメです。

→ヒューマンキャンパス高等学校はどんな通信制高校?学費も詳しく紹介!

タブレット完結型が特徴的な第一学院高等学校

この高校では複数のコースが用意されていますが、特に学費が安いのはMobile High Schoolコース。

タブレット一台で学習が完結するこのコースでは、高校を中退された方や社会人の方など、幅広い人に人気となっています。

有名企業が運営をしているN高等学校

こちらはあの有名企業カドカワとドワンゴが運営を行っている通信制高校で、オンラインコミュニケーションツールを用いて自宅に居ながら同級生とホームルームをしたりします。

VRをつけ行う入学式の様子がニュースで取り上げられるなど、デジタル要素を存分に活用している通信制高校です。年間費用はおよそ25万円程度となっています。

→角川ドワンゴ学園N高等学校はどんな通信制高校?学費も詳しく紹介!

まとめ

通信制高校でも授業の組み合わせや、公立・私立で学費は大きく変わることをご理解いただけたでしょうか?

組み合わせの場合によっては、かなり学費が高くなることもあるので注意して資料をよく読んでから決めてください。

万が一わからないことがあれば、電話して問い合わせてみましょう。

もちろん費用が高いのは嫌かもしれませんが、その費用の分サポートや、専門的な学習ができるのがメリットと言えます。

また、特に10代の方は通信制高校を選ぶ事に不安や戸惑いを少なからず抱えていると思います。

学費重視の学校選びなのか、学び重視の学校選びなのかもう一度ご家族の皆さんで相談してみるのも良いかもしれませんよ。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ