編入・転学は通信制高校の単位で学費の安さが変わる

通信制高校の多くは単位制の授業形態を取り入れています。

単位制は学年ごとに教育課程を修了していく形とは違い、卒業までに決まった単位が取り終わっているかどうかで卒業を判断するものです。

編入学・転入学の人は単位制の通信制高校を選ぶことをオススメします。
以前在籍していた高校での単位が反映されるため、少ない日数・少ない学費で高卒認定を取得することができるからです。

編入学・転入学の人が学費を安く抑えるには、1単位の授業料が安い通信制高校を選ぶ必要があります。

この記事では、単位で見る学費の安い通信制高校を紹介します。

通信制高校1単位の相場は?

私立の通信制高校の1単位は6,000円~1万円程度の授業料がかかります。

相場としては、8,000円~9,000円/1単位の通信制高校が多いようです。

ちなみに1単位は平均45時間
1単位の値段が8,000円として、1時間分の授業料は約178円なのですね。

そう考えるとこれでも充分安い気がしますが、1単位分の授業料をもっと安く抑える方法があります。

就学支援金を利用すればもっと安くなる

高等学校就学支援金を利用すると1単位あたりの授業料がもっと安くなります。

基本的に1単位あたりの支給額は4,812円ですが、所得に応じては1.5倍~2.5倍になるので、学校側に確認してみると良いでしょう。

1単位の相場である8,000円からこの就学支援金4,812円を引くと、1単位の授業料は3,188円になります。

→就学支援金についてくわしくはこちら(…通信制高校の就学支援金で学費を安くしよう

就学支援金の他にも奨学金や教育ローンを利用して学費を安くする方法があります。

単位別・学費の安い通信制高校

さて、ここからは編入学・転入学の人にオススメの、単位制で1単位の学費が安い通信制高校を紹介します。

今回は1単位の相場である8,000円~9,000円よりも授業料が安い通信制高校
を探しましたよ。

鹿島学園高等学校

鹿島学園高等学校は学費の安い私立通信制高校として人気です。

授業料も安く抑えられていて、1単位あたり7,000円となっています。

以前の高校での取得単位と合わせて、卒業までの残り単位が25単位だとすると、入学金5万円+授業料7,000円×25単位=17万5,000円+施設費2万4,000円+通信費5,000円で25万4,000円の学費で卒業することができます。

就学支援金を利用する場合、授業料が7,000-4,812=2,188円になるので、合計の学費は13万3,700円になります。

また、鹿島学園高等学校は全国に130箇所以上の教室を持つ巨大な通信制高校です。

自宅の近くにキャンパスがあれば通学費用も抑えることができるのでオススメですよ。

角川ドワンゴN高等学校

角川ドワンゴN高等学校のネットコースは1単位あたりなんと5,000円。

高等学校就学支援金を利用すれば1単位につき4,812円が支給されるので、実質1単位の授業料が188円になります。破格の安さですね。

以前の高校で単位をとっていて、卒業要件単位まであと25単位だとすると、入学金5万円+授業料188円/1単位×25=4,700円+施設設備料5万円+教育関連諸費2万5,000円なので12万9,888円で卒業・高卒認定取得ができるという計算になります。

ネットコースだから自分で単位を管理しなければならず、卒業が難しいのでは?と不安に思う人もいるかもしれませんが、N高のネットコースは生徒1人に1人の担任がつくので安心です。

また、ネット上で自分の進捗状況が確認できるので、スケジュールを立てながら自律的に勉強する癖もつきます。

スクーリングが年間5日しかないので、家の近くに学校がないという人や、仕事をしながら高卒認定が欲しい社会人の人にもオススメです。

翔洋学園高等学校

翔洋学園高等学校の1単位分の学費は8,000円。

平均的な値段ですが、特筆すべきなのは入学金が無料だということ。

純粋に単位数だけで学費が変動するので、あと数単位とるだけでいいのに!という人にはとてもオススメできる通信制高校です。

翔洋学園高等学校は就学支援金を利用することができるので、8割の生徒は授業料や施設使用料込の学費で年間5万円~7万円で通っているようです。

卒業まで残り数単位の人ならもっと安く通うことができるでしょう。

通信コースは学費を安く抑えることができます

私立の通信制高校には入学金や施設使用料があります。

以前高校に通っていて、ほとんど単位は取り終えている。
あと少しの単位さえ修得できれば卒業できるのに……。
という人にとっては入学金や施設使用料はできるだけ抑えたい学費ですよね。

そういう人には通信コースをオススメします。

通信コースとは、自宅でのネット学習を中心として、なるべくスクーリングを抑えるコース。
スクーリングがほとんど無いので、その分施設使用料も安くなるのです。

編入学・転入学で通信制高校に入学する人は、学年制ではなく単位制の通信制高校を選ぶことによって最低限の通学時間、単位で卒業することができます。

単位制は留年という制度もないので、余計な月日を費やさずに済むため、経済的にも安心です。

学費を安く抑えたい場合は単位制の通信制高校を選ぶことをオススメします。


次はこちら→通信制高校からファッション業界で働こう!学費など解説