鳥取県から通える学費の安い通信制高校

鳥取県から入学申請ができる通信制高校は12校ほどあります。

12校もあるとなにを基準にして選べば良いのか迷いますよね。

そんな時に1つの基準となるのが学費です。

そこで今回は通信制高校を選ぶ上で学費を大事にした場合ここがオススメですよという通信制高校をいくつか紹介します。

(島根県だけでなく全国的な通信制高校の学費について知りたい方はこちら!

通信制高校の学費の相場を調べてみた)

学費の安さなら鳥取県立鳥取緑風高等学校

最初に紹介する通信制高校は、鳥取県立鳥取緑風高等学校です。

ここは数少ない公立の通信制高校です。

つまり学費はかなり安いです。

入学時にかかる学費を紹介します。

緑風高等学校の学費

教科書・教材費 約11,000円
学年費 5,000円
体育用品費 12,700円
PTA会費 6,800円

まずは勉強する上で必要な教科書代及び教材費は約11,000円となっています。(教科書代及び教材費は各生徒の履修科目により多少のズレがあります。)

次に学年費は5,000円、体育用品費は12,700円・PTA会費は6,800円となっていいます。

かなり安いですよね!

公立の通信制高校は学費が安い代わりにサポートがないのじゃないかと思われがちですが、しっかりと進路ガイダンスや進路講演会などがあります。

そのおかげで平成27年度の進路実績では19名のうち8名の生徒が大学(短期大学・専門学校も含む)に進んでいます。

就学支援金が使える未来高等学校

次に紹介する通信制高校が未来高等学校です。

この通信制高校には3コース存在します。

3コースそれぞれ学費が異なってきます。

そこで最も基本的な通信制基本コースの学費を紹介します。

未来高等学校の学費

施設充実費・教育振興費 40,000円
授業料 156,000円
補助活動費 30,000円
合計 226,000円

まず施設充実費・教育振興費それぞれ20,000円となっています。

次に授業料ですが1単位あたり6,000円ですので26単位修得した場合は156,000円となります。

最後に補助活動費30,000円があります。

これらが1年間でかかる学費です。合計すると、226,000円となっています。

先ほどの公立の通信制高校の価格を見てしまうと高く感じてしまうかもしれませんが、そんなことはないです。

また先ほどの概算した金額は就学支援金の対象になっていない想定ですの就学支援金の対象になれれば125,112円の支援金を受けられ、授業料の負担額は30,888円まで抑えられます。

そうなると自己負担額の1年間のトータルは108,000円になります。かなり安く抑えられていますね。

通信制高校でも週5日通える星槎国際高等学校

星槎国際高等学校は登校スタイルが本当に豊富です。

基本となる登校スタイルは週2日登校するスタイルです。

しかしもっと通いたいと感じる人のために週3日・4日・5日登校することもできます。

また逆に自由な時間がたくさん欲しいという方のための、月に1・2回のスクーリングのみという通信制高校本来のコースもあります。

そんな星槎国際高等学校の基本となる週2日登校するコースを選んだ際の学費を教えていきます。

星槎国際高等学校の学費

授業料 250,000円
入学金 20,000円
施設設備費 25,000円
体験学習費 60,000円
体験学習費 60,000円
体験学習費 60,000円
宿泊スクーリング費 45,000円
合計 400,000円

まずは授業料から教えていきます。星槎国際高等学校は1単位あたり10,000円としているので25単位修得した場合は250,000円となっています。

この他に入学金20,000円、施設設備費25,000円となっています。

さらに体験学習費60,000円・宿泊スクーリング費45,000円というのがあります。

つまり合計で400,000円となります。

しかしこちらの金額も就学支援金の対象になっていないことを想定したものなので、対象になれればさらに負担額を抑えられます。

それでも高いと感じるか人もいるかもしれません。学費が高いのにはそれなりに理由があるのです。

それはサポートがより充実しているからです。先ほど紹介した2つのコースはどちらもスクーリング日が少なく先生に聞く時間もそれほどないのです。

しかし週2日通学するコースであれば、先生に聞ける回数も多いのです。

カリキュラムが豊富なAIE国際高等学校

AIE国際高等学校とは普通科と国際科を持つ広域通信制・単位制高等学校です。

この通信制高校のカリキュラムは実に豊富です。

さまざまなものを基礎から学びたいと考えている人向けのものであったり、視野を広げて行きたいとい考えている人向けのものであったり、英語をもっと上達させたいと考えている人向けであったりと実にさまざまなカリキュラムがあります。

そんな魅力的なAIE国際高等学校の学費について紹介します。

AIE国際高等学校の学費

入学金 50,000円
システムスタートアップ費 10,000円
施設設備費 80,000円
授業料 250,000円

入学金は50,000円、システムスタートアップ費10,000円、設備費80,000円、授業料250,000円となっています。

こちらも就学支援金の対象になっていないことを想定したものなので、なれれば120,300円の支援を受けられます。

まとめ

12校の中から選ぶ上で役にたちましたでしょうか。

鳥取県の通信制高校は学費の安い所がある上にそれぞれに特徴がある所が魅力的ですよね。

中には、学費の支払いが不安だという方もいるかもしれませんが、そうした方は就学支援金などを利用する事もできるので、検討してみて下さい。

これを参考に自分にあった通信制高校を皆さんが選択できることを祈っています。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ