通信制高校トライ式高等学院の学費ってどのくらい?

最近テレビで「家庭教師のトライ」のCMを見る回数が多くなりました。
「通信制高校を探しているのになんでトライ塾のことを話すのか」と不思議に思う方がいますよね。「家庭教師のトライ」の塾他、通信制高校もあることは知っていますか?

実は「家庭教師のトライ」が培ってきたノウハウを学生はその通信制高校で学ぶことができます。それが、トライ式高等学院です!
今回は、トライ式高等学院の学費、特徵、学生生活などについてご紹介していきます!

通信制高校トライ式高等学院の学費

他の通信制高校と比べ、トライ式高等学院の学費はやや高いです。
授業料は選択する提携学校のコースによって異なります。

  • スタンダードコース

主要教科:40,000円(1単位あたり)

副教科:10,000円(一単位あたり)⚠キャンパスによって、料金が異なります。

入学金:100,000円

学費:790,000円(25単位履修の場合)

  • プライベートコース

年間学費:50,000円

半期25,000円

オプション

eコース:インターネット配信による授業で自習学習を行う場合、50,000円(追加年間)

通信添削コース:レポート作成の際の質問についてFAXなど使って質問するサービスを活用する場合、50,000円(追加年間)

トライ式高等学院は通信サポートのため、提携通信制高校に入学する必要があります。
提携校は、「鹿児島学園高等学校」「日本航空高等学校」「高松中央高等学校」の3校です。
トライ式高等学院と提携校の料金をあわせた場合、年間1,000,000円になる計算です。
学費から見るとトライ式高等学院はとても高いといえます。

高額の学費の裏側に隠されたトライ式高等学院のチカラ

「この通信制高校の学費が高額すぎて、別の高校に移したいと考えている方はいると思います。」
皆さんに注目していただきたいのが、高額の裏には他校にはない教育制度があります。

生徒のあらゆる可能性を全力でサポート!

当通信制高校では、「家庭教師のトライ」が培ったノウハウを使って学ぶことができます。

マンツーマン指導に強いトライ式高等学院

「通信制高校と言っても自分は一人だけでは上手く勉強が出来ない」と悩んでいる方はこの学校のノウハウを活用するべきです!

ここでは、「家庭教師のトライ」が培ったマンツーマンの指導ノウハウを活用することが出来ます。
生活スタイル、学力やメンタルなど、学生一人一人に個別で支援します。勉強に対して自信をなくす学生は少なくありません。ここでは、そういった学生に自信を回復させたり、高い目標に向けて最短距離で勝ち取れる計画を立てていき、学生一人一人にあった勉強スタイルを提供しています。

また、当学校では、生徒一人一人に付く担当者のほか、プロのカウンセラーもいます。学生の担任が気づかなかったときは、カウンセラーが見つけることが出来ます。相互の視点から学生の勉強を支援しています。

カウンセラーは勉強以外の分野でも学生をサポート!

何を仕事として社会人になるのかなど、進路のことや人間関係で悩みを持っている場合、すぐに助けられるサポート体制が整えています。

頼りがいのあるマンツーマン指導を活かして、進学したい大学、なりたい人間になろう!

トライ式高等学院では、毎年難関国公立・私立大に合格する学生が多数!
2017年度合格者実績では、324名が難関国公立・私立大に合格をしています。

この通信制高校の特徵として専門性の学校というより、大学受験にチカラを入れています。大学受験の為に頑張っている学生は高額を支払って塾に行かなくても、通信制高校で勉強するだけで十分です。

トライ式高等学院への通学は困らない

日本全国にこの学校はあります。全国に学習拠点があるため、どこに住んでいようと通いやすいということも特徵です。これで、学校に行く交通費や電車の中でいる時間などが解消するため、とても便利といえます。

トライ高等学院のコースについて

この通信制高校では主に、普通科と特進科の2つのコースで構成されています。

  • 普通科コース

コースの内容:基礎学力の育成からイラスト・プラグラミング・語学などの専門分野を学べるのが特徵です。

コースの特徵:一般入試のほか、AO入試や公募推薦など、通常の全日制高校と同じ受験機会を得ることが出来ます。また、合格に向けて万全のサポートもあります。

大学受験以外の分野でもたくさんのことを学べることが出来ます。

「色んな分野を学ぶより大学受験の勉強指導に多くチカラを入れた方が良いのでは」と思っている方がいるかもしれません。大学受験以外の勉強は今後社会人になってからも必要となるチカラなのです。ITの分野で働きたい学生なら事前にJAVAを勉強して、他の学生と差別化を図ることができます。

この高校ではそういった目先の分野を学生に教える体制も整っています。

  • 特進コース

このコースは東大や医療系の大学を目指す学生のためのコースです。

コース内容:一人一人の志望校にあわせた学習プランで勉強していきます。

いかかですか?どのコースに行きたいのか迷っているかもしれません。心配することはありません、2つのコース、どっちをとっても間違いなくあなたを成長させることが出来ます。2つのコースの共通点として、通学は週1回~5回で自由に設定することが出来ることです。
また、「個別学習」「WEB学習」「自習」「WEB学習」を活用しながら自分の目標に向けて勉強することが出来ます。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ