通信制高校の学費を公立と私立で比較

通信制高校を比較するうえで学費はとても重要なポイントです。
通信制高校に通っている学生の中には自分で学費を稼ぐために働きながら勉強をしている人もいるので、実際にお金が払えなくなって学校を辞めてしまう人もたくさんいます。
また、きちんと学費を調べないままに、なんとなくの知識で入学してしまう人も少なくありません。
そんなミスをしないために、今回は学費を公立と私立で比較してみましょう。


通信制高校の学費

まず通信制高校に入学する際には、以下のようなお金が必要です。

・入学金
・授業料
・諸費用

「諸費用」の中には以下のようなものが含まれています。

・制服代
・施設管理費
・教材費
・修学旅行などの課外授業費

項目だけ見るとそんなに数がないので負担もなさそうに思えます。
なにより通信制高校は登校日数も普通科の高校に比べて少ないですし、だったら学費も少ないんじゃないかと考える人がいるのも頷けますよね。
でも実は通信制高校の費用って本当にピンキリで、公立にも学費が高い通信制高校はありますし、逆に学費が安い私立高校もあるんです。


公立高校の学費

公立の通信制高校はやはり学費が安いです。
具体的な概算は以下のようになっています。

【入学金】
最低500円~
【授業料】
年間おおよそ3万円まで
【諸費用】
年間2~3万円

公立の通信制高校の場合、一般の高校卒業に必要な単位取得にかかる費用以外はあまりお金がかからないため、私立に比べて安く卒業することができます。
1つ確認しておくべきポイントは制服の購入が必須かどうかです。
公立高校の中には制服の購入・着用が義務付けられている場合があるため、そのような学校では費用が多くかかってしまうでしょう。

費用が安いからいいとは限らない

確かに公立の通信制高校は私立に比べて学費が安くなっていますが、それは高校として最低限の設備しかないからだともいえます。
要するに普通の高校とサポートがあまり変わらない、ということです。
たとえば私立の通信制高校ならば、勉強に自信がない人向けに個別指導の授業がある場合が多いです。
しかし公立高校の場合にはすでに中学レベルの学力はある前提で授業が進みますし、細やかなサポートを受けられない事が多いのが特徴です。


私立高校の学費

私立の通信制高校の学費の具体的な概算は以下のようになっています。

【入学金】
最高2万円ほど
【授業料】
年間おおよそ20万円から
【諸費用】
年間2~3万円

私立の通信制高校は授業料が高いのが特徴です。
授業の内容は公立の高校とあまり変わらない場合でも、インターネット授業の設備費用や、iPadなど授業に必要な道具の貸出費用がかかることがあります。
また、スクーリングで遠方の施設を利用するときには交通費の負担が大きくなるので、自分が通うキャンパスや修学旅行の行き先などもあらかじめ細かく調べておくとよいでしょう。
修学旅行課外授業などには行かないから大丈夫だろうと思ってはいても、いざ入学して友達がたくさんできたら行きたくなってしまうかもしれません!

専門的な勉強ができる

高い学費を支払わなければいけない私立の通信制高校ですが、もちろん高い費用を払うだけの価値ある授業を受けることができます。
私立の通信制高校では、最近声優・漫画・プログラミングなど、専門学校のような形で特色ある授業を受けることができるコースが人気です。
そういった授業では実際にプロで活躍している講師が教えてくれるので、公立の通信制高校では絶対に体験できないようなことが可能です。

カウンセリングが充実

また、私立の通信制高校は公立高校よりメンタルサポートも充実しています。
教員がカウンセラーの資格を持っていることも珍しくありません。
相談員なども複数在籍している場合がほとんどですので、いじめにあって前の学校に通えなくなってしまった生徒なども安心して通うことができるようです。
人見知りの人やあまり人と話すことが得意ではないような人でも友達をつくりやすいような行事も多く用意されています。


通信制高校を選ぶときには優先順位を考えよう

通信制高校を選ぶ上で費用は大事ですが、ここで述べたように安くていいこともあれば悪いこともあるし、逆を言えば学費が高いことも悪いことだと捉える必要もないのです。
高い学費を払うなら、それに見合う充実した授業を受ければいいだけです。
1つの授業をどう吸収できるかは先生と学校にももちろんかかっていますが、一番は自分がどうその授業に向き合うかということにかかっています。
あらかじめ学費についてはしっかり調べて、支払う金額に見合った授業を受けられるか、自分はその金額に見合ったことがその通信制高校でできるのか、そんなふうに考えてみると有意義な高校生活を過ごすことができるかもしれません。
自分で学費を支払う人もいれば、誰かに支払ってもらう人もいるかもしれません。
そのお金を無駄にしないよう、きちんと自分を成長させられる日々を通信制高校で過ごしてください!


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ