通信制高校が不登校経験者におすすめの理由

通信制高校なら不登校を経験した人でも卒業できる!
そんな広告を目にしたことがある人も多いと思いますが、なぜ不登校の人に通信制の高校がおすすめされるのかご存じですか?
通信制には全日制高校ではできないような「学校が苦手な人」への工夫が多く施されています。
今回はそんな工夫から通信制高校が不登校経験者におすすめされる理由を解説していきます。

通信制高校の生徒のうち15%は不登校経験者

この数字を見て皆さんは多いと思うのでしょうか、それとも意外と少ないなと思うのでしょうか。
この研究結果は平成23年に行われた研究によるものですが、実際の数は恐らくもっと多いと思います。
それは「不登校」という名前が定義するものが個人によって異なるからです。

たとえば学校には行けるけど朝が苦手なのでどうしても1時間目に間に合えない人、保健室や相談室への登校はできるけど教室が怖くて入れない人、学校には行けるし教室にも通えているけど心を許して話せる友達が一人もいない人、友達はいるけど何故か成績がいつもビリで進級が危ない人、そんな風に不登校以外にも学校のことで苦しんでいる人はたくさんいます。

通信制高校にはそういった生徒が大勢通ってきます。
なぜ不登校を経験した人や学校生活で苦しんだ皆は通信制高校を選んで通うのでしょうか。


全日制よりも通信制をおすすめする理由

学校生活を自分の思ったように進められなかった人たちの一部は、実際に全日制高校を中退してしまいます。
その後の行き先は、また別の全日制高校だったり通信制高校だったりフリースクールだったりと非常にさまざまです。
一度高校生活に挫折した人が次に通う学校となると非常に難しそうですが、多くの生徒に通信制がおすすめされ、実際にそこで立ち直っています。
ここからは不登校を経験した人に全日制高校よりも通信制高校をおすすめする理由を詳しく説明していきたいと思います。

登校日数が少なくて済む

全日制高校と最も異なる点は登校日数を少なくできるということです。
不登校の人の中には単純に毎日学校に通うこと自体がストレスになってしまう人も多くいます。
通信制高校では年に数回の合宿型の登校から、週に1日~4日の登校プランまで自分に合った日数を選ぶことができます。
また、指定された登校日以外にも教室で自由学習ができる学校も多いので、自分のペースでゆっくりと着実に学校に通えるようになる生徒も多いようです。

メンタルサポートが充実している

私立の通信制高校の多くは専門のスクールカウンセラーを常駐させています。
また、教員の多くがそういったカウンセリングの資格を持っている学校もありますし、必修の授業で人との関わり方について勉強する機会もあるので学校全体がメンタルケアへの意識が高いです。
不登校経験者の中には心に何らかの問題を抱えている人もいます。
全日制高校だとそういった人は極小数のような扱いをされて居心地の悪い思いをすることも多いかもしれませんが、通信制高校では少数派とは捉えられないので周りを気にせず自分の問題と向き合えるのではないでしょうか。

自分の好きな授業が受けられる

通信制高校は単位制の学校がほとんどなので、自分で科目や時間割を決めることができます。
大嫌いな体育の授業は最低限の受講にして、自分がより積極的に勉強できる科目や将来の進路に必要な科目を増やす、なんて風に生徒それぞれが自分の意志を持って選ぶことができるんです。
好きなことなら頑張れるなんて人は学生だと特に多いですよね。
また、自分で受講科目を選ぶことで自分の本質と向き合えたという声も多いようです。

朝がゆっくりで登校しやすい

朝起きることができない、これは不登校の人の多くが訴えることです。
これは精神的な甘えが大きいと言われがちですが、実は朝起きられなくなる原因にはさまざまな病も考えられます。
全日制高校だと問答無用で1時間目に登校しなければもちろん授業の出席日数は足りなくなってしまいますが、通信制高校では1時間目の始業時間が10時など遅い時間に設定されていることが多いです。
また、運がよければ早い時間の授業を選択せずに卒業することも可能です。
時間が少し遅くなるだけで登校しやすくなる人も多いのではないでしょうか。

いじめが少ない

通信制高校には不良なども多いと思われがちですが、一方でいじめは想像以上に少ないという声が多いです。
なぜかというと、不登校などつらい経験をしたことがある人が多いので互いの痛みを考えられるということもありますが、生徒同士で無理に関わる必要がないというのが大きな理由です。
通信制の高校でも行事はありますが自由参加のことが多いですし、社会人など大人の生徒もいるのでそもそも群れようとする傾向がないようなので、それが逆にいい働きをしているようです。


通信制高校で不登校を改善しよう

学校に行くことが苦手で全日制高校を辞めてしまった人も、それで自分を責めることはありません。
自分にはちょっと全日制のスタイルが向いていなかっただけのことです。
世の中には、高校を卒業するという目標を達成する方法として他にもいろいろな選択肢があります。
通信制高校もその選択肢のなかでおすすめする方法の一つです。
自分に合った学校を見つけて高卒資格をゲットしましょう。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ