通信制高校の学費が払えないときの裏ワザ

通信制高校に通う人の多くは、高校に入学するのが2回目の人。
そのため経済的に余裕が無い場合も多く、そのぶん学費を払えない人のためのさまざまな裏ワザがあります。
通信制高校に入りたいけどきちんと支払いができるか不安な人!
もしくは既に入学していて払い続けられるかわからなくなってきた人!
そんなお困りの方々は是非参考にしてください。


通信制高校の学費を安くするポイント

ではここからは通信制高校の学費を安くするポイントをご紹介します。
入学前や支払いが始まる前にできる工夫ですので、現在新入学や転入・編入を検討している人は必見です。
もちろん既に入学されている方も今からでも遅くないですよ!

なるべく費用が安いカリキュラムにする

通信制高校の学費は本当にピンキリです。
特に私立は学校によっては学費が年間100万円を超えるところもあり、払えないと言って辞めてしまう人も少なからずいます。
せっかく通信制高校に入ったのに辞めてしまうなんて事態にならないよう、入学する学校はあらかじめ学費が安い高校にしましょう。
また、同じ学校でもカリキュラムによって金額は大きく異なります。
費用が安いカリキュラムを選ぶコツは以下のとおりです。

  • 登校日数をなるべく少なくする
  • 専門分野などは学ばずシンプルなコースにする

通信制高校の場合、登校日数が多ければ多いほど学費が高くなってしまう場合がほとんどです。
その逆で最近増えているインターネット授業のコースなどは、ハイテクなので費用も高そうに感じるかもしれませんが、人件費がかからないぶん意外と学費は安かったりします。
また、やはり通信制高校で美容やイラストなど専門分野を学ぼうとすると費用が一気に上がります。
少しでも負担を減らしたいなら、高卒免許だけをとるシンプルなカリキュラムを選ぶのがおすすめです。

就学支援金を使う

就学支援金とは高校卒業のために国から受け取ることができる支給金です。
受給できるかどうかは親権者の所得が関わってきますが、これを受給できた場合には年間10万円以上も授業料が減額されます!
公立の通信制高校ならほぼ無料で卒業することができますし、私立の学校でも安いところなら年間5万円ほどで授業を受けることができるんです。
奨学金などと違って返済する必要もないので、是非早いうちから調べておくといいでしょう。
すでに学校へ入学してしまっている人も、途中から適用することも可能です。


それでも払えないときは

あらかじめ学費を安くするといっても限度があります。
自分の行ける範囲でなるべく費用がかからない学校を選んで、就学支援金を利用して、それでもまだ学費が払えない場合には以下のことを試してみてください。

アルバイトで費用を賄う

まずはお金が足りないから自分で稼ぐ、という単純な方法です。
通信制高校では自分の時間が作りやすいので、働きながら通っている人はたくさんいます。
就学支援金を使用していれば1ヶ月あたりの支払額はそこまで大きなものにはならないので、アルバイトと組み合わせれば学費を全額賄えるという人も多いはず。
払えない払えないと言わずに、努力で払ってみせましょう!
しかし学業と仕事の両立はなかなか難しいです。
バイトを始めるなら、まずはご家庭の人や先生に相談してみることをおすすめします。
また、こちらでも通信制高校の生徒におすすめのアルバイトを紹介しているので参考にしてください。
→通信制高校に通うならアルバイトをしよう!

教育ローンを使う

教育ローンは学業に関することにのみ利用ができるローン。
通常のカードローンなどと比べると圧倒的に金利が低いのが特徴です。
中には学校とローンの会社が提携している場合もあるので、手続きなども思ったより楽ちん。
最初の支払いは保護者の方だとしても、卒業後には生徒本人に返済を引き継ぐことができるタイプもあります。
返済は必要になりますが、使い勝手はいいのではないでしょうか。

奨学金制度を使う

奨学金制度も、特定の機関から簡単な審査でお金を借りることができる制度です。
大学生がよく利用して、一度に大きなお金を手に入れて使ってしまう…なんて話をよく聞く人も多いのではないでしょうか。
この制度は通信制高校の学費にも使うことができるんです。
しかしこの制度はあまりにも学校で態度が悪く、卒業のための意欲がないと判断された場合や、4年以上在籍している場合には利用することができません。
また「奨学金」と聞くと聞こえはいいですが、実際はローンと同じで利息もかかるので安易に申し込まないよう注意してください。

特待生制度に挑戦する

これが今回紹介する裏ワザのなかで恐らく最もハードルの高い方法です。
学校から選抜されて特待生になれば、学費を一部または全額免除してもらえるのですが、その枠は大抵各校1桁の人数しか用意されていません。
また、一度特待生に選ばれたら途中で退学などはできないと考えてください。
さらに入学後も優秀な成績をとり続けなければ、免除は途中で打ち切りとされてしまう可能性もゼロではなく、通信制高校に通ううえでプレッシャーが大きくなります。
家庭や教職員からのサポートや、あらかじめ自分の学力レベルよりも少し低めの学校に入るなどの工夫が必要です。


情報を集めて無理なく高校を卒業しよう!

学費の支払いで苦労している人は多いと思いますが、払えないときの裏ワザって実はこんなにあるんです。
有益な情報をきちんと集めて、学業に影響がでないよう、無理ない支払いで卒業できるといいですね。
まずは困ったら一度学校側に相談してみましょう。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ