不登校の生徒でも通える学費の安い通信制高校

中学校で不登校になったから高校に通うことができないと考えているあなた。視野を広げて全日制高校だけではなく学費も安い通信制高校を選択肢に入れてみませんか?

(卒業後は就職したい!そんな人はこちらもチェック→就職実績の良い通信制高校の学費は?

通信制高校は不登校の人でも安心して通える学校

日本の高校という教育課程には全日制高校、定時制高校、そして通信制高校の三種類があります。いずれも卒業すると、同等の高校卒業資格が与えられます。その中でも、通信制高校は不登校の人にとって通いやすい学校と言えます。

留年が無く時間をかけて卒業することができる!

通信制高校は学年制よりも単位制を採用しているところがほとんどです。単位制であれば個人の進度で学習を進めていくことができるので、長い人では10年以上をかけてゆっくりと単位を取っていき、卒業する人もいます。

単位の取得は課題の添削、面接指導、試験などを通じて行います。基本的に登校日が少なく、主に自宅や学校が提携する学習センターなどで学習します。他の高校と比べて自分のペースで学習を進めていくことができるというところが、最大の相違点です。

自分のペースで無理なく学習計画を立てることができる

通信制高校は、一人ひとりに適したペースで学習し卒業の資格を得ることができるため、すでに働いている人や芸能活動やアスリート活動を行っている人、現在の高校で卒業が困難な人などさまざまな人が通っています。

その中でも最近では不登校で悩む生徒が増えています。通信制は、自宅で学習をして通学は最小限に抑えられる学校がほとんどなので不登校に陥る心配がないからです。また、最大の魅力としては、さまざまな人が通学しているので、同じ夢や悩みを持った友人に出会えるかもしれないということです。そこから徐々に通学に慣れ、通信制から全日制へ転向することができる学校もあるので不登校に陥ってしまった生徒にはうってつけなのです。

全日制と比べて学費が安いのもポイント

文部科学省が発表した平成26年度の「子供の学習費調査」の結果、全日制高校の学校教育費は公立校が24万2,692円、私立校が74万144円となりました。この中には通学費や教科書代、修学旅行費などが含まれていて、通学費のかからない学生だと10万円以下になることもあるそうです。公立定時制高校では入学金は2,000円程度、授業料は学年制だと約3万円/年、単位制だと約1,700円(1単位取得費用×履修単位数)程度、またその他費用に10万円となります。私立定時制高校では合計で約80万円程度になります。

安い学費で高卒資格を取得したいなら私立の通信制高校がおすすめ

公立通信制高校はどうでしょうか。入学金は500円程度、なんと定時制高校の1/4の値段なのです。また、1単位取得費用は336円、卒業に必要な単位数は74単位なので合計2万4,864円となります。その他費用は約3万円なので他の公立高校よりダントツで安いのです。
私立の通信制高校であっても、年間学費が20万円前後の学校があります。学費の安さは通信制が一番なのです。

不登校も受け入れる!通信制高校は現代の時代にあった高校

学費も安く、不登校者などのさまざまな生徒を受け入れてくれる通信制高校はまさに現代の時代にあった高校と言えるのではないでしょうか。しかし、自由なことがメリットな反面、勉強をおろそかにすると卒業するのに何年もの月日がかかってしまうこともあり得ます。実際に途中で挫折してしまう人もいます。

そうした生徒の学習や普段の生活をサポートする教育機関として、サポート校があります。簡単に言うと通信制高校生の手助けをする塾みたいなイメージです。また、サポート校とは別に専門分野の学習が単位として認められる技能連携校というのも存在します。

通信制高校の就職事情は?

通信制高校は就職に不利だという声もききますがそんなことはありません。大学進学や専門学校に進学する人は約40%を越え、履歴書にも”通信制過程”などと記載する必要はなく、面接官には通信制に学校に通っているということは分かりません。つまり、企業の面接官はあまりそのようなところを気にしないということです。むしろ、通信制高校に通う生徒は時間が豊富にあるため、資格の勉強やアルバイトの時間に充てることが可能なので全日制高校に通う人たちよりも多くの経験を積み、採用へと近づくことが出来るのです。

ぜひ通信制高校を一つの視野に

今までは通信制高校というだけで全日制高校より劣ると考えていた人が多かったと思います。しかし、現状は不登校の生徒のみならずたくさんの人にとって魅力のある高校なのです。実際の高校には本当にさまざまな生徒がいます。いじめや不登校を経験したことのある生徒や、若い頃に家庭の事情などで高校を卒業できなかったという人、持病や障害があり毎日のように学校に登校することが困難な人など、多様な人が通っています。

そのため、学校に生徒が相談に乗ってもらえるカウンセラーがいたり、パソコンを使ってレポートを提出できたりと、充実な制度がそろっています。人とのかかわり方が分からないと言いうような方でも徐々に慣れることが出来るのです。ぜひ素晴らしい制度が整っている通信制高校を視野にいれてみてください。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ