日本の通信制高校は海外在住でも卒業できるの?

高校を中退して海外に留学に行った人、今は海外に住んでいるけど将来は日本の大学に行きたい人。
そんな人たちは日本の高校卒業資格が欲しくても、日本の高校に通うことはできません。
では、通信制高校だったらどうなのでしょう!?
海外からでも高校に入学して単位を取得し、無事に卒業できるのでしょうか


日本の通信制高校に海外からも入学するには!?

結論から言うと海外からでも、日本の通信制高校なら高校入学し卒業することはできちゃうんです!
通信制高校はそもそもレポートの提出がほとんどですから、まあ単位は取れそうだな~とイメージが沸く人も多いでしょう。
でも気になるのが入試を受けることができるのか、です。
通信制の学校では、全日制と違い学力テストよりも面接を入学試験で重視しています。
やはり入学するためには一度日本を訪れ、直接面接をしなければならないのでしょうか。
そうしなくても済む方法を紹介します。

直接会わずにネット面接

なんと通信制高校の中にはインターネットで面接をしてくれる学校がいくつかあるんです。
通信制高校には外に出るのが苦手な生徒や、人と接することができない生徒もいます。
また病気などの身体的な理由で学校に通えない生徒も、通信制を選択するケースが多いです。
そのため、そういった生徒への配慮としてWEB上での面接を実施しているんです。
時差が大きい国に住んでいる人は少し工夫しなければならないかもしれませんが、これなら海外からでも入学試験を受けることができますね!
ただし、インターネットを利用した面接は定期的に行われているわけではなく、必要に応じて実施している学校が多いです。
受験要項などには記載していない学校がほとんどなので、まずはオンライン面接が可能かどうか問い合わせてみるといいでしょう。
また、私立の通信制高校は融通がきくところが多いので、一切ホームページなどに記載がなかったとしても一度くらいは問い合わせてみる価値はありますよ!

履歴書と小論文の提出で合格できる学校も

もはや面接無しで履歴書と小論文の提出だけで合格できちゃう、そんな通信制高校もあります。
規定の履歴書や小論文を学校側に郵送すれば、あとは結果を待つだけという簡単な入学試験です。
国際郵送物は日本との距離によっては到着にすごく時間がかかるので、期日より大幅に早く送付することだけ気をつけるといいでしょう。
日本じゃない別の国に住んでいるからこそ書くことが出来る、そんな内容の小論文なら入試で他の受験者と一目置かれることも間違いないです!
しかし、送料にも気をつけないと思った以上に高額になるので注意してくださいね。

無事卒業できる学校選びのポイント

ここまでは海外から日本の通信制高校に入学する方法をご紹介しましたが、ここからは実際に入学するならどんな通信制高校が良いのかポイントを紹介していきます。
ただ入学できても、卒業できなかったら意味がないですよね。
外国にいてもきちんと卒業できる通信制高校を選ぶには、どのような学校の特徴に気をつければいいのでしょうか。

スクーリングは年1回の集中型を選ぶ

通信制高校だからといって一度も登校せずに卒業できるわけでは、実はないんです。
1年に数回から週に数回、自分が所属しているコースによって定められた登校日数はきちんと学校に行かなければなりません。
この登校のことを「スクーリング」といいます。
でも週ごとや月ごとの登校は海外にいる生徒にはもちろん無理なこと。
そんな人のために「集中スクーリング」があるんです!
集中スクーリングなら通常数日ずつ通うところを、一度に5日間前後かけて集中的に終わらせることができます。
通信制高校ではこのように登校が少ないので、校舎の近くに住んでいない生徒も多いです。
そのおかげで遠方から来るひとのために宿泊施設を用意する通信制高校も多いんですよ。
これなら海外からスクーリングのために日本を訪れたときにも安心ですね。

海外にキャンパスを設置している高校を選ぶ

実は日本国外にキャンパスを用意している通信制高校も今増えてきているんです!
KTC中央高等学院や一ツ葉高等学校などにはそのような海外直営のキャンパスがあり、そこに日本人のスタッフも常駐し、日頃からレポートの指導などをしてくれる仕組みとなっています。
こうした海外キャンパスがある学校に入学すれば、勉強に不安がある場合にもしっかりサポートしてもらうことができますし、自分が住んでいる国に留学をしにきている日本人の友達をつくることができるのでおすすめです!
長い間海外に住んでいる場合には、もしかしたら通信制高校の教材やレポートなど、理解するのが難しいかもしれません。
学習に不安がある場合には積極的に検討するといいでしょう。

日本の大学に行くなら日本の高校の卒業資格を

日本の大学に帰国者枠でなく受験して入学するためには、日本の高校卒業資格が必要になります。
帰国者枠でしか受験が受けられないと、自分が希望する学部に入学できない場合もあるんです。
要するに同じ高校卒業資格でも、取得した国によって違う資格になるということ。
留学している人の中には、進路を広げるために海外の高卒免許と日本の高卒免許とどちらも取得するという人もいます。
今外国に住んでいて、もしくは今後海外に行く予定があって日本の高校卒業資格が欲しいなら、ぜひ通信制高校で取得することを前向きに検討してください!


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ