通信制高校卒業でも就職できる3つのポイント

通信制高校への入学を検討したとき、不安要素の一つとして挙げられるのが、
【通信制高校を卒業して就職できるのか】という問題です。
ただでさえ高卒で職に就くことは厳しいと言われている今ですが、ここでは通信制高校を卒業後にきちんと就職できる3つのポイントをご紹介します!!!


通信制高校は就職に影響するのか

そもそも通信制高校卒業という経歴は就職に影響するのでしょうか?
就職先に面接にいくときに書く履歴書を想像してみてください。
【都立○○高校 卒業】という書き方をしますよね。
【都立○○高校 通信制過程 卒業】という書き方はしません。
ということは通信制の学校に通っていることは、上手くいけば面接官に知られることすらないんです!

同じ高卒でも全日制とは区別される?

pしかし面接の会話の中で「どんな学校なの?」と聞かれることはもちろんあります。
その場合、「通信制高校」というだけで偏見を持つ面接官もいるかもしれません。
しかし、自分が企業側だったとしてよく考えてみてください。

・全日制高校を卒業。成績は平均だが挨拶が上手にできず実働経験もない人
・通信制高校を卒業。授業時間が少ない分資格の勉強やアルバイトに励んでいた人

企業はどちらの人間が欲しいでしょうか?
結局企業が見るのは【学歴】ではなく【学生時代に何をしていたか】なのです!
だからこそ、道筋を立てた就職のための準備が必要なんです。

就職サポートはむしろ全日制より充実している!?

  • 就職ガイダンス
  • 企業見学
  • 面接練習
  • マナー講座

多くの通信制高校ではこのような就職サポートを大々的に行っています。
ほとんどの通信制高校では全日制の高校よりも就職を目指す生徒が多いので、
実はサポートについては質も量も全日制高校より優れているところが多いんです。
積極的に利用していけば十分希望先への内定を狙えます。


通信制高校卒業生の就職状況(25年度版)

通信制高校卒業生の進路
大学 17%
専修学校 24%
就職 15%
その他 44%

どんな仕事に就く人が多い?

通信制高校を卒業した生徒の就職先で最も多いのは製造業です。
また、女性の進路に多いのはサービス業や医療福祉関係の仕事。
在学中に必要な資格を取得し、専門的な知識を武器にする人が多いようです。


企業に内定をもらう3つのポイント

ではここからは、通信制高校を卒業して就職を目指す際に覚えておきたい3つのポイントをご紹介します。
1年生の頃から始められるものも多いので、入学前に是非チェックしておいてください。

アルバイトで実践を詰む

高卒で働く場合には特に、実働経験は多ければ多いほど高く評価されることが多いです。
さまざまな職種を経験して自分に合った仕事を探すことも大事なのですが、最も重要なのは【長く仕事を続けること】
2年以上働いた経歴があれば、周りとのコミュニケーションや仕事にも問題がなかったことを相手に伝えることができます。
また、自分がやりたい仕事に少しでも関係あるアルバイトをしておくこともおすすめです。
意欲が高いことを証明できますし、業務に関する知識を働く前からつけておくことができます。
面接のときにも会話が盛り上がりそうですよね!

大学・専門学校への進学に向けて勉強する

高校卒業後すぐに働かず一度大学や専門学校に進学することも、最終的に自分の希望する仕事をするためには近道になることがあります。
例えば職種の中には大卒でなければ雇ってもらえないものや、専門学校を卒業しないとその仕事に必要な資格を得られないものもあります。
また、最終学歴が「高校卒業」ではなくなることによって自分に自信がつくという人も多いのではないでしょうか。
選考の際、面接などでは実は「自信を持っていること」が一番の力になったりします。
高校卒業の時点でまだ働く勇気が出ないときや、希望する仕事ができる企業が見つからない場合には、焦らず進学を視野に入れてみることも重要です。
通信制高校には大学と併設している学校や専門学校と提携している学校も多いので、少し安く入学できたりするかもしれません。

役に立つ資格を取得する

何か資格が必要な仕事は意外と多いです。
また、募集人数が少ない職種では、資格を持っているかどうかによって合格できないこともあります。
自分の働きたい仕事が決まっている場合にはその職種に有利になる資格をとっておくべきですし、まだ何がしたいか決まっていない場合にも、何にでも使えるパソコンに関係する資格や、漢検・ペン習字などでもいいのでとっておくといいです。
資格をとるには一定期間の勉強や努力が必要なので、持っているだけで「目標に向かって努力ができる人なんだ」という印象を持ってもらえます。

通信制高校でも早めに準備すればOK

このようにポイントさえ掴んでおけば、通信制高校卒でも就職を目指すことは十分可能です!
大事なのは早め早めから準備をしておくこと。
1年生や入学前からでも準備できることはたくさんあります。
準備するのが早いほど、内定を決めて就職活動も早く終えることができますよ!


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ