通信制高校とサポート校を併用して上手に卒業しよう

通信制高校に通っている多くの人が利用しているのがサポート校。
サポート校に通う目的は大学進学のためなどもありますが、ほとんどは「卒業のため」だといいます。
では通信制高校を卒業するためにはサポート校に通わなければいけないのでしょうか?
今回は改めて2種類の学校を使ったスムーズな卒業の仕方をご提案します。


通信制高校を卒業するのは難しい?

通信制高校には色々と緩いイメージがある人も多いかもしれませんが、実は通信制高校って厳しい場所なんです。
無事に卒業して大学進学や就職という目標を叶えている生徒ももちろんいますが、実際のところはほんの一握りだとも言われています。
もともと全日制の高校で失敗してしまった人も多いので、そういった生徒が卒業するのは通信制高校だとしても難しいようです。

実は独学の卒業率は低い!

ある調査によると、自宅学習が多く自己管理が必要になる通信制高校では、独学での卒業率は30%にも満たないといいます。
通信制の学校では登校日数が少ない分、レポートとテストで卒業できるかが決まります。
全日制の高校では逆に、成績が悪くても学校にさえ行っていればなんとかなる部分がありますよね。
でも通信制高校ではそんな甘い考えは通用しません!
出席日数が少ないカリキュラムだと特に、コツコツ自宅で学習して期日内にきちんとレポートを出せる生徒でないと卒業することは難しいです。
このような背景から独学の生徒は卒業率が低くなるようです。


サポート校を使って上手く高卒資格を得よう

独学以外にどうやって通信制高校で単位取得を進めていくのかというと、ここで利用されるのがサポート校です。
サポート校は通信制高校と提携している学校も多く、上手に利用できれば一気に卒業率が上がるとの評判が広がり、現在利用している生徒が年々増加しています。

そもそもサポート校は何?

わかりやすくいうと塾や予備校のような立場の場所です。
そのためもちろんここを卒業するだけでは、高卒資格を手に入れることはできません。
たとえばレポート提出の合間やテストまでの期間に、サポート校をつかってわからないところを解消し、しっかりと対策をすることができます。
また、サポート校は学校によって得意としているジャンルが違います。
大学進学を専門としている学校なら、進路について相談をすることも可能です。
特定の難関大学の受験に強い学校もあるようです。
まさに予備校といったかんじですね。

費用はどれくらい?

先ほど塾のようなものとお伝えしました通り、サポート校に通うためにはもちろん通信制高校とは別に、入学金を含めたさまざまな費用がかかることになります。
初年度は平均すると50万円程度が相場となっているようですが、あくまで相場です。
登校日数が多い場合や、美容など専門的な授業を受ける場合には一気に金額が跳ね上がります。

メリットは何があるの?

ではここでサポート校に通うメリットを解説していきましょう。
一番大きいのはやはり学習面でのサポートです。
通信制高校では生徒数も多く埋もれてしまいがちでも、サポート校は人数も少なく、細かい選択肢の中から自分で好きな学習のやり方を選べるので、希望すれば担任制の丁寧なサポートなども受けることができます。
また、学費が高い可能性が大きいですが、家庭訪問型の学習を可能にしている学校も多いです。
身体的もしくは精神的な問題で高校に通えない生徒もいると思います。
そういった人へのサポートが充実していない通信制高校もまだまだある中、サポート校では必要に応じてこのような丁寧適切な配慮を受けることができるんです。
最終的に高卒に必要な学費が高くなったとしても、是非このようなシステムを利用したいご家庭は少なくないのではないでしょうか。
また、不登校への対策を得意としている学校もあります。
ここでは高校に通うためのリハビリのようなことを行います。
はじめはここで、人と関わることに徐々に体を慣らして、それからだんだんと登校日数を増やしつつ通信制高校に通う生徒もいるようです。


通信制高校を卒業するには工夫が必要!

サポート校に通わなければ通信制高校を卒業するのは不可能だというわけではありません。
ただ、通信制の学校を卒業するには自己管理能力と忍耐とある程度の学力が必要です。
このようなものを今自分が持っていないならば、それはどこかで補わなければいけません。
そうでなければ、また学校を卒業できないまま何年も高校に在籍することになってしまいます。
※通信制では留年という概念がないので、甘んじて5年以上在籍してしまう生徒も多いんです。

今回はそういった足りないものを補うための選択肢の一つとして、サポート校をご紹介しました。
しかし2つも学校に通うなんてありえない!という学校や塾が嫌いな方も多くいらっしゃると思います。
自分が最も卒業に近づけそうな方法を模索してみるといいでしょう。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ