通信制高校に転入するときの3つのポイント

通信制高校に転入しようか迷い始めたとき、まず何から行動を始めればいいのでしょうか。
自分の意志で転校や学校を変えることを決めるなんて、なかなかみんなが経験するものでもないので最初はどうしたらいいかわからないですよね。
そんな皆さんのために通信制高校に転入するうえで大事な3つのポイントをご紹介します。


なぜ通信制高校に転入したいか理由を明確にしよう

そもそもなぜ通信制高校に転入したいか、理由ははっきりしていますか?
学校を変えることは家庭の人も関わってくる大きな問題なので、自分の気持ちだけではなかなか上手く事を進めることができません。
大事なのは、家庭の人や今通っている学校の先生に転入を応援してもらうこと。
そのためには通信制高校に転入しなければならない理由をはっきりさせることが大切です。

今の学校のデメリットは?

まずは今の学校に通い続けることのデメリットを洗い出しましょう。
例えば以下のようなことが挙げられると思います。

・自分のやりたい勉強ができずに時間を無駄にしてしまう
・人間関係でトラブルがあったため体調不良で通学ができない

このように今困っていることをリストにしてみましょう。

通信制の学校を選ぶメリットは?

今の高校に通っているデメリットを整理したら、それを通信制高校に通うことで本当に改善できるのか考えることが大事です。
通信制高校に通うメリットをはっきりさせましょう。

・現在の学校ではやりたい勉強ができないけど、通信制高校なら将来美容師になるための勉強を高校生のうちから進めることができる!
・朝になると体調が悪くなって学校に行けないけど、通信制高校なら登校日数も少ないし朝も遅いのでまた学校に通えるようになる!

こんなふうに転校のメリットを整理していくうちに、自分が新しい学校に行きたい気持ちも高まってきます。
しかも自然とこれからの学校生活でやりたいことが見えてくるので、転校したあとにどう過ごしていくのかの道筋も立てることができますね!


卒業に必要な単位数を確認しよう

高校を卒業する、言い換えれば高卒免許を取得するためには必要な単位数を取得しなければなりません。
今持っている単位は編入先の学校に引き継ぐことができるので、まずは今持っている単位の数を確認してみましょう。
これは在籍している学校に問い合わせてみるのが一番確実だと思います。
また、単位の取得は3月末が区切りになっていることが多いです。
そのため2月に転入すると途中まで取得した単位が無駄になってしまう可能性もあります!
これまでの努力を無駄にしないためにも学校できちんと確認しておきましょう!

いつ卒業できるのか確認しよう

現在取得している単位数を確認したら、卒業に必要な単位数と逆算して自分がどのくらいの期間で卒業が目指せるか考えてみましょう。
通信制高校は単位制のところが多いので、留年などの仕組みがありません。
そのためここでしっかり検討しておかないと、だらだらと単位を取りながら長い間高校に通ってしまうことにもなりかねません!
あらかじめ自分が転入後に取得する単位数と、目標とする卒業時期を決めておくことで、入学後も無駄のない学校生活を送ることができます。
また、学校を卒業したあとの道筋も立てやすいですね。


相談や問い合わせをしよう!

ここまで通信制高校に転校するための2つのポイントを紹介しましたが、何より心がけてほしいのは通信制高校への転入を検討し始めた段階で早めにどこかへ問い合わせをしてみることです。
実際に興味のある学校に問い合わせてみてもいいですし、インターネットで出てくる通信制高校の資料請求サイトや情報サイトでも構いません。
もしくは、自分が現在通っている学校の先生やスクールカウンセラーの人でも構いません。
自分以外の人に考えてもらうことが大事です。

学校のことは学校のプロに相談するのが一番!

転校というのは非常に大きな決断ですから、自分ひとりで考えていても上手くいかないんです。
上記で紹介したように、早いうちに通信制高校や教育関連施設に相談してみましょう。
そうすると自分が今何をしたらいいのか、何を考えたらいいのかのヒントをもらうことができます。
また、もしかしたら通信制高校に転入する他にも選択肢はあるかもしれません。
学校全般について相談できるところなら、広い視野でアドバイスをもらうことができますね。


通信制高校に入学するなら早めの行動が吉!

今回は通信制高校に転入するときの3つのポイントをご紹介しました。
3つすべてに言えることは「早く行動すればするほどいい」ということです。
早く動けば何かトラブルが起きたとしても素早く対処することができます。
たとえば4月からの入学を希望したとき、2月に親に相談した場合ではもしかしたら2ヶ月では説得しきれないかもしれません。
何事も余裕を持って進めることが肝心です。

・学校を変える理由を明確にする
・取得している単位数・卒業に必要な単位数を確認する
・自分以外の人に問い合わせや相談をする

今回紹介したこの3点を留意してスムーズに転入できるといいですね!


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ