通信制高校から通信制大学に行った場合の学費はどれくらい?

通信制高校に通ううえで大学進学を目的としている人もたくさんいるでしょう。

どんな大学をイメージしていますか?

通信制高校に通っている皆さんにおすすめしたいのが通信制大学。今回は通信制高校から通信制大学へ進学した場合の学費について紹介します!

通信制大学なら登校しなくても大学が卒業できる!

通信制大学という言葉を初めて聞いたという人もいるでしょう。

通信制大学は通学日数を最低限に減らした大学。普段の勉強は自宅で行い、指定された登校日にだけ通学をする大学です。

通信制高校と同じで、学校に通うのが苦手だったり難しかったりする人たちがたくさん入学しています。

芸能人が通信制の大学を卒業することも多いです。

オンライン授業の展開も

通信制高校と同じようにインターネットを利用した学習スタイルの提供も行っており、勉強でわからないことがあればメールで教授へ質問し回答をもらうこともできます。

仕事をしていて忙しい人や、さまざまな事情であまり外出ができない人にこうした学び方がいま大変人気なんです。

学費が安いのが通信制の魅力

通信制高校が全日制高校よりも学費が安い傾向にあることはご存知でしょうか。

通信制大学もそれと同じで通学型の大学よりも授業料が安いんです!

学費をできるだけ安くして大卒資格を取得するために、通信制の高校から大学へ進学をする人もたくさんいます。

学費の相場は?

通学型の大学では1年間の学費相場が約100万円となっています。

通信制大学の場合はなんと、4年間の学費相場が100万円前後。

授業料が安い大学なら4年間約70万円の費用で卒業することができるんです。

あの有名な早稲田大学でさえ通信制は4年間約350万円で卒業することができます。

通学をするより大幅に費用を少なくすることができるんです。

通信制高校から通信制大学に進学した際の学費シミュレーション

では通信制高校から通信制大学へ進学した場合の学費がどれくらいになるのかシミュレーションしてみましょう。

今回は学費が安い通信制高校として人気が高い鹿島学園高等学校から、スクーリングなどすべて込み込みの費用設定でわかりやすい産業能率大学へ進学した場合にかかるお金を計算してみました。

鹿島学園高等学校を卒業するまでにかかる学費

入学金 50,000円
授業料 518,000円
施設費 72,000円
通信費 15,000円
鹿島学園高等学校への納入学費合計 655,000円

産業能率大学を卒業するまでにかかる学費

入学金 30,000円
授業料 540,000円
※ネット授業代 ※別途請求
産業能率大学への納入学費合計 570,000円

合計すると・・?

上記の通りを例にあげて、高校と大学両方を卒業するまでにかかる費用を計算してみると以下のようになります。

全日制・通学型と比べると思った以上に負担が少なくて皆さんびっくりするのではないでしょうか!?

通信制高校の学費 655,000円
通信制大学の学費 570,000円
合計金額 1225,000円

通学型の場合は、大学に1年間通うだけでも100万円以上の費用がかかることはそう珍しくありません。

しかし通信型教育だけを高校から選択した場合には大学卒業までに150万円もかからず、家庭の経済状況への負担をなるべく少なくして大卒資格が取得できるんです。

通信型がおすすめなケース

このように費用面ではかなりお得な通信教育ですが、以下に当てはまる人には特におすすめです。

以下の項目にたくさん当てはまるならぜひ通信制高校を検討してみましょう。

持病で家から出られない

通信制高校のなかには先生が家に来てくれるサポートがある学校があります。

学校に通うことができなくても卒業資格をちゃんと取得することができるんです。

入学の際の面接もオンラインのビデオ通話で対応してくれる場合があります。

学校での人間関係に不安がある

不登校を経験していたり、いじめられた経験があったりすると学校に通うこと自体に抵抗が生まれてしまいます。

しかしその場合でも通信教育なら安心。学校に行く必要がほとんどないからです!

しかもクラスメイトはみんな自分と同じように何らかの事情で通信制を選択した人たち。

実は通信制高校では全日制よりもいじめが起きにくいと言われているんですよ。

学校に通う時間がない

登校する必要がほとんどないので社会人でも子どもがいても心配なし。

なんといってもこれが一番のメリットなのではないでしょうか。

各種卒業資格を取得しながら別の勉強もできちゃうので就職にも実は強いです。

まとめ

通信制高校から通信制大学へ進学した際の学費についてシミュレーションしてみました!

高校卒業資格だけでなく大学の卒業資格まで取得できれば、今後の人生の選択肢はさらに大きく増えていきます。

時間とお金をできるだけかけずにさらなるステップアップやスキルアップを目指すなら、ぜひ入学を検討してみることをおすすめしますよ!


「学費の安い通信制高校を検証」トップ