通信制高校の学費を安くするなら融資を利用しよう!

通信制高校でも融資って受けられるのだろうか。そんな疑問を持っている人もいるかもしれません。

当然、通信制高校でも公立の学校と同様に奨学金や補助金を受けられます。今日は具体的に入学金など学費を工面しようと思った時に頼るべき機関やどんなことに注意して融資を受けたらいいかを掘り下げていきます。

(学費について詳しく知りたい!そんな人はこちらもチェック→通信制高校の学費は年間いくら必要?

通信制高校の学費のために融資を受ける!その前にチェックしておくべき点

融資とはつまり借金のことですから、いずれ返さなければならないものです。その点に気をつけながら、まずは自分が受けられる支援はあるのかどうかをチェックしましょう。

高等学校等就学支援金とは何か?

まずは、国の事業として行われている高校等就学支援金について確かめておきましょう。これは低所得者や私立へ通う生徒の家庭などに向けられて作られている支援の仕組みです。毎月最大9,900円の支援が受けられるようになっています。

定時制なども含めて、当然通信制高校も対象になっています。もちろん所得制限などがありますが、母子父子家庭などは上限金も上がる仕組みになっているので、経済的に厳しいご家庭ですとかなりの支援を受けられる可能性があります。また当然給付金であってお金が貰える仕組みになっているので自身が対象かどうか確かめてみてください。

自治体の支援があるかどうか

国の支援だけでは通信制高校の学費を払うのに不十分である人のために。また、自治体が子育て世代に移住してもらうためや純粋に住民サービスとして独自の就学支援制度を設けている場合は多くあります。通信制高校だと支援が設けられていないのではないかと思うかもしれませんが、自治体のホームページに行って調べてみると意外と支援制度が設けられているということもありますので、ぜひ確かめてください。

学費の内訳に合わせてお得な融資を選ぼう

当然支援金だけでは通信制高校の学費を払うのに不十分な場合もあるでしょう。ではそんなときどんな融資を受けたらいいのか考えていきましょう。

融資は大きく分けて二種類あります。一つは奨学金、もう一つは教育ローンになります。

奨学金と教育ローンの大きな違いは誰が借りるか!

二つの最も大きな差は借入人の名義でしょう。奨学金は学生本人が借り入れることになりますが、教育ローンは親の名義で借りることができます。子供に通信制高校の学費を負担させたくないと思うお気持ちはわかりますが、だからといってすぐ教育ローンを選ぶのはあまりお得ではありません。

奨学金は在学中の返済・利子が免除されますし基本的に利子が低いので長い目で考えたときに返済額は小さくて済みます。家族の中でうまくお金を融通すれば実質的に奨学金を親のお金で返済することはできますし、奨学金を可能な限り利用しましょう。基本的に教育目的での親から子への贈与は非課税ですから法律上も問題ありません。

奨学金と教育ローンを上手く併用しよう

問題は奨学金も完璧ではないということです。奨学金は毎月定額が振り込まれる形になりますから、入学金や授業料などまとまった学費を払うのには利用しにくいという問題があります。ですから、必要に応じて教育ローンを利用する必要も出てきます。

そんなとき利用したいのが、日本政策金融公庫が行っている公的な教育ローンです。収入の制限はありますが、今後一年間で必要になるであろう教育資金を一括で最高350万円まで借り入れることができます。通信制高校の一般的な入学金や授業料を考えれば十分な額でしょう。また、当然公的な金融機関ですから利子率も低く抑えられています。もっともお得な教育ローンといえるでしょう。

基本的には奨学金で賄い、まとまったお金が必要な際は公的な教育ローンを利用するこれがもっともお得な融資の利用方法です。

学校と協定している融資に注意!

これまで、基本的に公的な機関をオススメしてきましたが、当然民間でも多くの教育ローンがありますよね。また、通信制高校の中にはある金融機関と協定して教育ローンを提案している学校もあります。ではそうしたローンは利用しやすいのか、利用すべきなのか、解説していきます。

協定ローンは利率が高い?

結論から言うと、利用しないことが賢明です。なぜかというと、基本的に民間のローンはそれを通じて利益を出すことを目的に作られていますから当然公的な教育ローンより利子率が高くなります。学校と協定しているからといってそれは変わりません。

しっかりと利子率を確かめて公的なものよりもお得かどうか確かめてみてください。でないと返済額が大きくなってしまうかもしれません。

民間機関でも銀行の教育ローンは利率が低め

それでも民間の教育ローンが必要になった場合は銀行系のローンを利用するようにしましょう。

民間ローンの中にも銀行系と信販系のものがあります。後者は審査が甘い代わりに利子率が高いという特徴があります。多少貸し倒れが起きても利子が多いから問題ないというタイプの融資ですね。しっかり返す人にとっては苦労しかありあません。

もちろんあなたの信用情報があまりよくないとこういったタイプのローンしか活用できないということもあると思いますが、まずは銀行系のローンを申し込んでみてください。そちらのほうが、金利が低くお得です。また、通信制高校の提案している教育ローンはこの信販系の融資が多いので、それも注意したい点です

融資にも種類はさまざま!よく考えて利用しよう

通信制高校に通う生徒がりようすることのできる奨学金や教育ローンにもいろいろな種類があります。情報をたくさん集めて、自分の支払いスタイルに合ったものを選ぶことが大切です。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ