自分で払える?通信制高校の学費の注意点とは

学費は、通信制高校に通うにあたって最も重要視するポイントの1つになると思います。

どのように費用がかかるのか、また自分で学費を稼ぐ人のための注意点を紹介します。

(遠くのキャンパスに通うなら→通信制高校の学生寮で学費を安く抑えよう)

通信制高校にはどれくらい費用がかかるのか

一般に通信制高校は学費が安いとされています。また、全日制の高校と同様に公立と私立が存在します。

年間にかかる費用

当然公立の方が安くなり、その費用は、入学金が500円、授業料が年間1万円から3万円、その他の費用が年間3万円程度の学校も存在します。

私立の学校では、入学金が2万円から5万円、授業料が年間18万円、その他の費用が年間3万円程度と、公立に比べれば高い学費になります。

しかし、私立の通信制高校は、学生のサポートや学習の進め方がしっかりしているところが多いです。

また、学習の日程の融通が私立の方が公立よりもききやすいところが多いようです。

そのため、自力で完全に学習する必要がある公立よりは、私立の通信制高校の方が卒業率は高くなっています。このように、通信制高校の方が全日制高校と比べて費用が安いということは事実ですが、それでも多少の費用がかかります。

通信制高校に通おうとしている人の中には自分で学費を稼ぎながら学ぼうと考えている人もいるでしょう。

では、そのような人のための注意点をいくつか紹介します。

バイトで学費を支払えるのか

学費をバイトで稼ぎながら通うことを考えている人は、高校卒業とバイトを両立できるのか不安に思っているでしょう。

高等学校ではアルバイトを禁止している学校は多いです。特に、私立の全日制高校で多いように感じます。

しかし、私立の通信制高校ではほとんどの学校がアルバイトを認めています。

よって、自分で学費を稼ぐことは不可能ではないのです。むしろ、全日制高校よりも自由な時間が多いため、アルバイトを推奨している学校もあります。

通信制高校の生徒は、高校卒業後は大学へ進学するというよりも就職を希望する人が多いので、アルバイトを通して働くことを体験することは、生徒にとって重要なようです。

また、全日制高校よりも、登校やコミュニケーションの機会が少ない分、アルバイトで社交性を養う、という背景もあります。

通信制高校の学費は月に3万円程です。よって、給与が安い高校生でも払うことは可能です。

地方では最低賃金が低いため、アルバイトに時間をかなり取られてしまう可能性がありますが、東京では十分支払い可能といえるくらい安いと言えます。

アルバイトをする時の注意点

確かに通信制高校の費用は安いといえますが、それでも複数の注意点があります。その注意点を紹介します。

単位を落とさないようにタイムスケジュールを

最初に考えられることは、アルバイトが楽しくなり、空き時間はずっとアルバイトをして勉強が疎かになってしまうことです。

18未満の人は22時までしか働けませんが、その後職場の人と話し込んだり、遊びに出かけたりしてしまうことも考えられます。

よって、注意点とは配慮をしてくれる職場選びをすることです。配慮とは、大事な試験前にはシフトを減らしてもらえる、ということです。

バイトで悩むのは元も子もない

バイトという新しい場所に入ると、そこでの人間関係などで悩むことになる可能性があります。

職場で働く人は年齢や性別や性格がさまざまで、人間関係で苦労することがあるようです。

また、夜遅くまでの仕事をすると生活リズムが乱れてしまい、体調や精神を崩し、学業に悪影響が出てしまいます。

先程伝えたように学費は安いといえる程度ですから、できるだけ昼間に働くようにしましょう。

高等学校支援金に頼ろう

登校日数が少なく、学費が安いと言われる通信制高校ですが、中にはそれでも大きな負担になる人はいます。

そのような人は就学支援金を利用しましょう。高校生が学校を通して国に申請を出すと、公立の通信制高校では授業料が無料、私立では年間12万円授業料から減額されます。

この制度を利用すればかなり金銭面で楽になると思います。

また、奨学金や特待生を利用することも1つの手段です。奨学金は、日本学生支援機構や基金に審査をしてもらい、奨学金を受け取ります。

ただし、返済義務があったり、利子がかかったりすることは注意です。

特待生は、スポーツなどの分野で活躍している人が利用できるので、一般には受け取ることは難しいでしょう。

いくつかアルバイトで授業料を支払う人のために注意点を紹介しましたが、1番重要なことは勉強と仕事のバランスです。

このバランスが崩れてしまうとどちらかが上手くいかなくなるだけでなく精神的に追い込まれてしまったりすることがあります。

決して無理をしないように学生生活を送りましょう。

学費は当然重要な事ですが、お金にとらわれるだけではなく、その学校でどのような学生生活を送るのか、しっかりと卒業できそうか、というようなことまでしっかり調べてから学校を選択しましょう。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ