学費の安い通信制高校に通うデメリット

通信制高校への入学を検討している方の多くが、学費を気にしているのではないでしょうか。

安い学費であるのに越した事はありませんが、安すぎると逆に教育の質を疑ってしまいますよね。

ここでは、学費の安い通信制高校は問題があるのかどうかについて解説していきます。

この記事を読めば、学費の安い通信制高校に対する偏見や疑問を解決できますよ!

(通信制高校の学費に不安がある人はこちらをチェック!→通信制高校の学費の不安について)

学費の安い通信制高校のデメリット

通信制高校は全日制高校に比べて学費が安いですが、通信制の中でも学費の開きは多くあります。

最もわかりやすいのは、公立と私立の違いです。

公立の通信制の場合は、入学金500円、授業料が年間10,000~30,000円という所が多いですが、私立の場合は、入学金が20,000円以上、授業料が年間200,000円前後となっています。

公立と私立では、ここまで学費の相場に差があるのですね。

学費が高い方がサポートは手厚い

通信制高校は公立、私立を問わずに単位制を導入している所が多く、自分の判断で学習スタイルを決められます。

ただ、公立は単位を取得し、卒業する事を最優先するカリキュラムなので、精神的なサポートや希望進路へのフォロー、アドバイスといった面は手薄になってしまう傾向があります。

一方、私立で学費の高い学校はこうしたサポートが万全である事が多いです。

加えて、一般的な高校では学ぶ事の出来ない、ロボットや演劇といった専門コースを選択する事も出来ます。

楽しく通え、保護者も安心して任せられるという意味では、ある程度学費の高い通信制高校の方が良いのではないでしょうか。

対応の柔軟さが違う

一般的に私立の通信制高校の方が在籍生徒数は多いので、その分様々なタイプの生徒を卒業させた経験があります。

こうした学校では、金銭的課題や精神的負担を生徒が持つ場合、制度化されていなくても柔軟に対処してくれる事が多いです。

例えば、スクーリングがどうしても出来なくなってしまった場合、替わりにレポートや別課題でOKを出してくれるケースは、私立の方が多いです。

加えて、私立の場合は様々な理由で全日制に通えない人をサポートするという目的で創設された学校が多いので、どんなに特殊な課題があったとしても対応してくれる可能性は公立よりも高いです。

勿論、これは一般論なので、入学前は実際に担当者と話し、自身の課題を打ち明けるようにしましょう。

学習スタイルの幅が狭い

学費の高い通信制高校は、週5日から年数日までのスクーリング回数の中から自由に選べる所が多いです。

一方、公立の通信制高校は、殆どの場合が週1回登校となっています。

それ故、ある程度学費が高いほうが、学習意欲や忙しさと合わせてスクーリングを決定しやすいです。

また、学費の高い通信制高校は、専門コースが充実している、資格取得のサポートが手厚いといった長所がありますが、安い公立の場合は、基本的に数学や英語といった一般学習が中心なので、「つまらない」と思う方も多いかも知れません。

通信制高校はお金をかけて通う時代に?

近年、カドカワグループの支援によって、N高等学校という通信制高校が設立されましたが、年間100万円近い学費の高さが話題となりました。

しかし一方では、国際留学支援やクリエイティブ力の育成、本格的なグループワークなど、通信制高校の自由さを活かした授業を展開し、高い評価を得ています。

保守的といわれる日本でもオンリーワンの人材が求められるようになり、非画一的な教育の重要性が増してきました。

それ故、こうした、新たな通信制高校が誕生したという事です。

勿論、学費の安い所に通うというのは個人の判断で尊重すべきですが、現在のトレンドとしては、お金をかけて通信制高校に通うというのがあるようです。

補助金を利用しよう

通信制高校の中には、就学支援金の対象校が多くあります。

この就学支援金とは、国が通信制高校の学費を一部負担する制度です。

国が行っているので、内部や民間の奨学金、学費免除とは別に申し込める事が多いです。

このような補助制度を利用して、なるべく学費の負担を抑えていきましょう。

「自分は支払いを負担に思っていない」という方も、将来の為に利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで、学費の安い通信制高校に通うデメリットについて解説しました。

生徒一人ずつに対する対応や学習スタイルの幅広さは、やはり学費の高い学校に比べて劣ってしまいます。

出費を抑えたいという願望は皆さん持っているとは思いますが、「何の為に高校に通うのか」、「何を得たいのか」という事をしっかりと考えて、学校選びをしましょう。

もし貴方が、しっかりとした一般学習を受けたい、高卒認定資格を取得したいと考えているのであれば、学費の安い通信制高校でも十分目標達成が出来ます。

お金も授業内容も大切ですが、どちらかを優先しすぎずバランスの良い学校選びをしましょう。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ