学費が安い通信制高校を選ぶコツ3選

通信制高校への入学を検討している皆さん。
調べてみると、意外と学費が高くて驚いている人もいるのではないでしょうか。
今回は学費が安い通信制高校を選ぶコツをご紹介します。

通信制高校の学費ってピンキリ!安いプランを選ぶのが大事

通信制高校の学費は実は全日制高校以上にピンキリなんです。
同じ私立の学校でも数十万~数百万円の差が出ることもあります。
だから少し調べてみたくらいで「こんなに費用がかかるんじゃとても入学できない…」と通信制高校への入学を諦めてしまうことはありません!
きっとまだまだ学費を安くすることはできます!
さまざまな制度を利用すれば10万円以内で1年間学校に通える場合もあるんですよ。

私立でも十分安く高校に行ける!?

費用が安いというだけの理由で入学する学校を公立だけに絞ってしまっている人も多いかもしれません。
ですが私立の通信制高校でも、今回ご紹介するコツを使えば公立と同じくらいの金額に学費を安くすることができちゃいます!
公立の通信制高校はただ登校日数が少ないだけで、基本的なサポートは全日制高校と同じという学校がほとんど。
そのため高校卒業資格を取得しようとせっかく高校に入学しなおしても、またリタイアしてしまう生徒も実は多いんです。
だから少しでも費用を安くしたうえで私立の高校を選ぶ人が多いんですよ!
安い学校選びのコツを知っている人ほど上手に卒業することができるんです!

1)登校日数が少ないコースを選ぶ

学費を安くするコツの1つめは登校日数がなるべく少ないコースを選ぶこと。
たとえば週に5日登校する通信制高校では、自学自習中心の学び方と比べて50万円以上も学費が高くなることもあるんです。
通う日数と費用の関係についてはこちらの記事も参考にしてみてください。
→「通信制高校で週5日通うと学費が高くなる!?プランごとに比較」
最近の通信制高校ではWeb学習の制度も整っていて、学校に通わなくてもメールや電話で先生に質門ができるので勉強に多少自信がなくても大丈夫
大学受験などは特に考えていない人、すでに社会人で必要以上に勉強しなくても構わない人はできるだけ登校日数が少ないコースを検討してみるといいでしょう。

2)オプションコースは選ばない

通信制高校には専門課程が学べるオプションコースを選択できる学校も多いです。
このようなコースを選択すると、たとえばマンガコースに通えばプロの漫画家からイラストを学べたり、ファッションコースに通えば授業でヘアメイクを練習できたりします。
しかしこういった専門課程には、もちろん将来に活かせる専門的な資格取得をサポートしてくれる実用的なコースもありますが、普通に通うだけでは特別資格を取ることはできず、場合によっては趣味の領域を出られないようなカリキュラムも存在するんです。
そして単純に高卒資格を取得するためのカリキュラムよりも、このような専門課程に通うと学費が大幅に高くなってしまいます。
イメージとしては専門学校に近い習い事に通うようなものです。
とにかく費用を抑えたいなら余計なオプションコースは追加しないことをおすすめします。

卒業後進学しないなら最終的に安くなる場合も

通信制高校に用意されている専門課程の多くは、卒業後その分野の専門学校や大学に通うための予習のようなものです。
ですがきちんと専門的な資格を取得でき、卒業と同時に専門職できちんと働けるようなコースもあります。
もしも将来の展望がしっかりあって、自分が将来やりたい仕事に必要なスキルが身につく学習ができるのなら、高校卒業してすぐに社会に出ることができるので、最終的に社会人になるまでの費用を安く抑えることができます。

3)卒業率が高い学校を選ぶ

学費が最も高くなってしまうケースとして、在籍期間が通常より長くなってしまうことが挙げられます。
そりゃあ通常3年で卒業できる学校に4年いたら、卒業までの費用は格段に高くなってしまいますよね。
そんな最悪の事態を避けるためにも卒業率が高い通信制高校を選ぶことは大変重要です。

自分に合ったプランを選べば卒業しやすい

あなたは高校にどんな通い方をしたいですか?
一人で勉強できる自信がないのなら、多少費用が高くなっても登校日数が多いプランを選んだほうがいいかもしれませんし、あまり学校に行くのが得意ではないなら自宅学習がメインのプランを選んだほうが単位の取得はスムーズでしょう。
自分に無理のないカリキュラムをきちんと選択することが、通信制高校を早く卒業するために最も重要なことです。

費用を抑えて余裕を持って卒業しよう

学費が安い通信制高校を選ぶコツを3つ紹介しましたが、いかがでしたか?

1) 登校日数が少ないコースを選ぶ
2) オプションコースは選ばない
3) 卒業率が高い学校を選ぶ

この3つのコツに気をつけられれば、安く通信制高校に通うことができること間違い無し!
費用が高くなってしまうと、無理なアルバイトなどで勉強にも支障が出てしまいます。
なるべく学費は節約して上手に通信制高校を卒業しましょう!


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ