横浜市から通える通信制高校の学費比較

横浜市は神奈川県の県庁所在地であり、18の行政区を持っています。総人口は日本の市町村の中でも最も多く、四国地方とほぼ同じです。

このように人口の多い横浜市には学校も多くあります。今回は横浜市から通える通信制高校の学費を比べていきながらご紹介します。

通信制高校でも難関大学狙える!トライ式高等学院

まずご紹介するのは家庭教師トライの通信制高校です。CMでもあるようにトライはマンツーマン指導に自身があり、不登校や引きこもりで悩んでいる方に自身を持ってお勧めする学校です。

目標に合わせたコース選択

先生を自宅に呼んで授業サポートを行うこともできるのは家庭教師に強いトライならではです。

トライには

・大学受験コース

・特進コース

・資格取得コース

・各種専門コース

・高卒認定コース

の5つがあります。この中でも特に注目するべきコースは特進コースです。

特進コースは通信制高校では考えられないような東大京大、早慶上智などの難関大学に進学するといったサポートを行うコースです。

最低限卒業に必要な学習と難関大学合格に向けた学習を組み合わせます。全て個別指導ではなく、実際に予備校の講師による集団授業も行っています。

演習や理科、社会のベースづくりの授業は集団で行った方が効率が良いものもあります。

また、自習スペースも設けられているので自宅ではなかなか勉強がはかどらないという方は利用できます。

難関大学じゃなくても、普通なレベルの大学に進学したい、という方には大学進学コースが用意されています。

母体が「家庭教師のトライ」なため、小論文には小論文のプロ、英語には英語のプロが指導します。

また、エントリーシートは通信制高校だから不利になってしまうのではないかと悩まなくても大丈夫です。

一人ひとりに合わせた指導を行うことが出来ます。

学費について

一対一のサポートの多いトライ高等学校は学費が高いのではないかと心配になりますよね。
しかし、意外と一般的なサポート高校よりも少し低い値段設定になっています。

年間51.000~です。

コースなどによって学費が変わるためぜひ知り用請求することをオススメします。
また、トライ高等学院と別に提携している通信制高校の授業料もかかります。

横浜から30分以内!渡辺高等学院

渡辺高等学校は芸能界を目指している人におすすめする学校です。

コース設定が専門的!

渡辺高等学院は東京都の目黒区にある学校です。横浜市から30分未満で通える学校です。

渡辺高等学院は芸能プロダクションでの「ワタナベエンターテインメント」が運営しています。
また、第一学院高等学校と提携しており、芸能の授業を受けながら高校卒業の資格がとれます。主に

・エンターテインメント総合コース

・俳優、女優コース

・声優コース

・モデル、タレントコース

・ヴォーカル、ダンスコース

の5つが用意されていてそれぞれの今後の目標に合わせて自分の好きなコースに入ることが出来ます。

自分が何に向いているのかわからないという人には、総合コースをおすすめします。

ワタナベエンターテインメントが運営している学校ということもあり、オーディションが多く開催されています。また、オーデションいがいでも普段の授業でスタッフの目にとまることもあります。

生徒の中で将来有望な人には「特待生」として、最高で授業料が全額免除になります。また、芸能界デビューに向けて全面的なバックアップがあります。

そして、入試無しで入学もできるので、ぜひ挑戦してみましょう。

学費について

学費は入学時期やコースによって違いますが、週3日のコースでは750.000円~です。

通信制高校にしては高いと感じるかもしれませんが、ワタナベエンターテインメントが運営していると考えるとそこまででもないですね。

学費が安いN高等学校

N高等学校はとにかく学費が抑えられた学校です。また、「自分が好きになることを見つけてそれに夢中になりたい」という生徒に向いています。

自分で自分のことを決めるシステム

N高等学校は角川文庫の「カドカワ」が設立し、学校法人ドワンゴ学園が運営している学校です。

2018年4月にあらたに横浜キャンパスが開設され、横浜市から徒歩で通えるようになります。

N高等学校で注目するべきコースはネットコースです。授業だけではなく、なんと入学式や部活動、文化祭までもがネットで行われます。

入学式は沖縄本校で開かれますが、参加できない人にはネット生放送を通じて参加してもらい、なかにはMRヘッドセットを装着してリアルに体験できるというシステムもあります。

また、文化祭では「ニコニコ超会議」が会場で行われ、来場者5万人超えという大きなイベントとなっています。

何をやるか、参加するかどうかはN高等学校の生徒が自ら決めます。これも学校の方針にあった「自分が夢中になることを探す」に沿っています。

また、授業では通信制高校ではよくある映像授業を見て受け身でいるようなかたちではなく、双方向に発信するような生放送の授業なため、通信制高校でありがちな質問したくてもその場でできないという悩みをなくすことが出来ます。

学費について

学費はネットコースでは年間180.000~からと非常に安くなっています。

さらに、就学支援金などが適用されれば、年間73.000円の負担になります。
通信制高校の中でも学費の安さはトップクラスだといえます。学費に悩んでいる方にはうれしいですね。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ